覇王ときどき革命

中国・軍閥の時代のお話など

2013-07-14から1日間の記事一覧

宋教仁暗殺

1913年の3月20日夜、国民党の指導者・宋教仁は、見送りの黄興、廖仲愷らとともに、上海駅にいた。宋は、強力な政敵になるであろう臨時大総統・袁世凱が待つ北京に向かおうとしている。 「孫文、黄興など、気にするまでもない。遁初(宋教仁の字)の小…